包茎治療は自由診療と保険適応がある

包茎治療における自由診療と保険適応による保険診療の2種類があります。
最初に保険診療について説明します。
保険診療とは健康保険証を提示して治療を受けられるものを言いますが、病気と判断されたものしか適応されませんの、包茎治療で病気となるのは、仮性包茎を除いた真性包茎とカントン包茎が該当します。
この2つは、泌尿器科で健康保険証を提示することで包茎治療を受けることができます。
次に、自由診療でなければ治療を受けられない健康保険適用外の治療、つまり仮性包茎の治療が該当します。
仮性包茎が健康保険の適用外なのは、日常生活に支障をきたさないケースがほとんどなので病気ではないと判断されます。
では、自由診療と保険適応の自由診療を使用した包茎治療のメリットとデメリットについて説明します。
自由診療では知られての通り、健康保険の適用がありません。
そのため、治療費が全額自己負担となるため高くなるといったデメリットがありますが、メリットとして健康保険証の提示や身分証明書の提示が不要なので手術をしたということが周囲に知られにくいといった面もあります。
続いて、保険診療のデメリットは包茎手術をしたことが会社にばれやすいことや病院によっては女性の患者と一緒になることもあります。
逆にメリットは、健康保険が適用されるため安く治療ができます。