日本における悪徳商法とは?

日本における悪徳商法とは悪質な物が不当な利益を得るような商売の事を言います。
悪質商法の中には催眠療法と言われる物があります。
沢山の人を一つの会場に集め、あの手この手で興奮状態に陥らせ物を買わせる方法です。
他にも商品購入者が販売者の購入権利を得、又新たな購入者を募るマルチ商法というのもあります。
後、偽の投資情報を言葉巧みに信用させ、現金をだまし取る方法もあります。
日本には悪徳商法と呼ばれるものは非常に沢山あります。
嘘を言ってお年寄りにお金を振り込ませたり、使ってもいない使用料を不当に振り込ませる振込詐欺も未だに少なくなっていません。

インターネットで調べると沢山のお金儲けの情報が出て来ます。
その中で一体どれだけのものが本当の情報なのか、見ている人には分かりません。
実際に行動に移して見て始めて悪徳商法であったと気づく場合も多いです。
投資情報も言葉上手に誘われ、老後の費用にと大金を投資したところ、そういう会社はなかったりもします。
動画で本当らしくお話をしてるので、信用してお金を出すと実際にはとても儲かるような話ではないことも多々あります。
何を信用したら良いのか分からに世の中ではありますが、お金が入る時に又新たなお金を振り込んだりすることはないということだけは確かです。