Monthly Archive: 10月 2014

日本における悪徳商法とは?

日本における悪徳商法とは悪質な物が不当な利益を得るような商売の事を言います。
悪質商法の中には催眠療法と言われる物があります。
沢山の人を一つの会場に集め、あの手この手で興奮状態に陥らせ物を買わせる方法です。
他にも商品購入者が販売者の購入権利を得、又新たな購入者を募るマルチ商法というのもあります。
後、偽の投資情報を言葉巧みに信用させ、現金をだまし取る方法もあります。
日本には悪徳商法と呼ばれるものは非常に沢山あります。
嘘を言ってお年寄りにお金を振り込ませたり、使ってもいない使用料を不当に振り込ませる振込詐欺も未だに少なくなっていません。

インターネットで調べると沢山のお金儲けの情報が出て来ます。
その中で一体どれだけのものが本当の情報なのか、見ている人には分かりません。
実際に行動に移して見て始めて悪徳商法であったと気づく場合も多いです。
投資情報も言葉上手に誘われ、老後の費用にと大金を投資したところ、そういう会社はなかったりもします。
動画で本当らしくお話をしてるので、信用してお金を出すと実際にはとても儲かるような話ではないことも多々あります。
何を信用したら良いのか分からに世の中ではありますが、お金が入る時に又新たなお金を振り込んだりすることはないということだけは確かです。

包茎治療で悪徳商法の実態

包茎治療で悪徳商法の実態とは必要以上の治療による金額の上乗せがよくある悪徳商法のやり方です。
必要ないのに注射をしましょうなどといって一本数万円の必要のない注射を打たせるように促してきます。
治療しているほうとしては心配なので断ることがないのをいいことに10数本の注射を打つ医者もいるようです。
一本数万円しますから数十万円の請求を上乗せしてくるのと同じことになります。
患者の心配ごとにつけ込んだ悪徳商法です。
施術が失敗するかどうか心配になっている患者にとっては医者の言うことは絶対的に信用してしまいます。
そういった弱みがあるので悪徳商法がまかり通ってしまうのです。
信頼できる病院で施術をしてもらうことがなにより大事になりますので、最初に下調べをするこが重要になってきます。
後で高額な請求をされないためにも事前の確認が必要になるのです。
成人雑誌に掲載されているような医者にこういった悪徳業者があるということを頭にいれておいたほうがいいでしょう。
包茎であることを真剣に悩み治そうとしている患者にとってひどい仕打ちのような病院は実際あるということを覚えておきましょう。
それと反対にしっかりした病院もあるので下調べが大事です。

包茎治療は自由診療と保険適応がある

包茎治療における自由診療と保険適応による保険診療の2種類があります。
最初に保険診療について説明します。
保険診療とは健康保険証を提示して治療を受けられるものを言いますが、病気と判断されたものしか適応されませんの、包茎治療で病気となるのは、仮性包茎を除いた真性包茎とカントン包茎が該当します。
この2つは、泌尿器科で健康保険証を提示することで包茎治療を受けることができます。
次に、自由診療でなければ治療を受けられない健康保険適用外の治療、つまり仮性包茎の治療が該当します。
仮性包茎が健康保険の適用外なのは、日常生活に支障をきたさないケースがほとんどなので病気ではないと判断されます。
では、自由診療と保険適応の自由診療を使用した包茎治療のメリットとデメリットについて説明します。
自由診療では知られての通り、健康保険の適用がありません。
そのため、治療費が全額自己負担となるため高くなるといったデメリットがありますが、メリットとして健康保険証の提示や身分証明書の提示が不要なので手術をしたということが周囲に知られにくいといった面もあります。
続いて、保険診療のデメリットは包茎手術をしたことが会社にばれやすいことや病院によっては女性の患者と一緒になることもあります。
逆にメリットは、健康保険が適用されるため安く治療ができます。