Monthly Archive: 9月 2015

遅漏なのは手でするオナニーが原因!自分でできる治療法

過度なオナニーが原因で遅漏に

早漏にお悩みになっている男性の方は多数存在します。また、遅漏でお悩みとなっている方も決して少なくありません。この大きな原因となってしまうのが、負荷の高い過度なオナニーです。女性の膣から受ける刺激とオナニーの刺激は大きく異なっています。この刺激差が、膣中でイケなくなってしまう要因になります。また、イクのが遅くなってしまう原因でもあります。この問題を解決しないと、中々女性と満足にセックスができなくなってしまいます。

負荷の高いオナニーとは

通常は、オナニーは手でするものですが、うつぶせで床や布団にこすりつける方法でオナニーをされる方もいます。ほかには、強グリップで激しくピストンされるタイプや包皮を激しく動かすオナニーなどは、負荷の高いオナニーに該当します。これを長年続けてきたことによって、イクのが遅くなる原因となります。どうしても強い刺激がないとイケなくなってしまう為、改善していかないといけません。また、強さのみならず、姿勢にも問題がある方が多数います。いつも体の向きを固定して行うオナニーや仰向けで足を伸ばしながら行うオナニーは、実際にセックスの時の体位とは異なります。そのため、オナニーの時の体制でないとイキにくくなってしまうのです。

具体的な治療法とは

オナニーの方法を間違っている方は、まずはオナニーをしないようにするのが一つの方法です。ほかには、コンドームの中に潤滑オイル入れてオナニーをするのも一つの方法です。実際に膣内に入れた時の感覚に近づきます。さらにオナホールを使用した方法もありますが、実際の膣以上に締りがきつくなっている上に、独特の感覚が癖になってしまう可能性があります。